読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彩の国シェイクスピア・シリーズ第32弾「尺には尺を」感想

蜷川幸雄の遺作となってしまいましたね。 チケットを取った時は予想もしておらず、本当にショックです。 内容としては、演出の蜷川っぽさはあり、登場人物はみんな自分勝手でしかも行動に矛盾をはらんでいてとても面白かったです。 開演前は舞台上で役者さん…