読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲキシネ「朧の森に棲む鬼 Lord of the Lies」感想

 

自分の欲望のために他人を騙し傷つける男の栄光と転落。

 

歴史好きには登場人物の名前からストーリーや役割を推測する楽しみもありますね。

 

ライは源頼光(マダレが「ライ公」と呼ぶのは意識してるとおもう)

キンタは坂田金時、ツナは渡辺綱、サダミツは碓井貞光、ウラベは卜部季武頼光四天王

ヤスマサ将軍も源頼光の家臣の藤原保昌がモデル。和泉式部と婚姻関係にあり、酒呑童子退治に同行したとされます。

シキブは和泉式部でしょうか。

マダレは盗賊の袴垂だと思います。

シュテンは酒呑童子、バラキは渡辺綱と因縁深い茨木童子。オオエ国なので大江山説を取っているのでしょう。

荒童子は碓井貞光の幼名説がありますね。

 

三人の人ならざる者との契約はシェイクスピアリア王』的ですね。

インタビューによるとシェイクスピアの『リチャード三世』と手塚治虫の『どろろ』の父親が下敷きにあるとのこと。

 

白いお面に打杖を持った「朧」。

造形はもののけ姫のコダマ的な森の妖精かと思っていたのですが、ラストのライの頭蓋骨が朧に似ていたので、この森との取引に負けた人間のなれの果てが朧だったりするのでしょうか。

 

 

序盤から伏線がはられていてとても楽しいですね。

朧との契約の言葉はライの死に直接つながりますし、

ストーリー上大きな役割を果たす「血人形の契り」を交わす場面、赤い照明があたるのはシュテンとキンタなんですよね。

 

 

自分の地位の向上と気に入った女を手に入れたことにより徐々に気が大きくなるライ。

特にマダレに対する部分では自分をあまり繕わず、キンタを見捨てる場面でマダレに本性を見せたことは大きな不信感を生み敗因のひとつになっていきます。

ライがマダレに言った「悪党が情に流されたら終わり」というのがそのまま返ってくること、入れ墨を入れろといったことで離反される結果となる…など、マダレをもっと誤魔化していればうまくいったのかもしれません。

 

もう一人、ライの破滅を決定づけるのがキンタ。

ツナを暴漢に襲わせたあと、「俺の嘘を本当に見せているのはキンタだ」というやりとりがありましたが、その重要なキンタを切り捨ててしまいます。

 

ラストに向かっては若干ご都合主義感もありますが、大がかりな演出もあり目が離せません。

 

朧の森に火を放ったことで「自分の力の根源を殺す」=「自分を殺す」になるのかと思っていました。

 

結論から言うと、

「ライ自身が生かしたキンタ」が切り札かと思わせておいて、「自分の舌(剣)に殺される」というのがラスト。

 

分かりやすすぎず分かり肉過ぎずの適度な伏線がてんこもりで、見ていてどんどんひきこまれました。

シキブを殺すシーンも、あっこれは~~~と思いながら見ていました。

 

 

 

監督:江戸洋史

制作協力:劇団☆新感線、ヴィレッヂ

作:中島かずき

演出:いのうえひでのり

ライ(エイアン国の王座を狙う男)/市川染五郎

キンタ(ライの弟分)/阿部サダヲ

ツナ(検非違使の長、四天王の一人ヤスマサの妻)/秋山菜津子

シュテン(オーエ国を治めるシュテン党党首)/真木よう子

シキブ(国王の愛人)/高田聖子

ウラベ(四天王の一人)/粟根まこと

サダミツ(四天王の一人)/小須田康人

イチノオオキミ(エイアン国国王)/田山涼成

マダレ(暗黒街ラジョウのボス)/古田新太

<エイアン国・宮廷人>

  ショウゲン/河野まさと

 ダザイ/礒野慎吾

  インギン/武田浩二

  オクマ/中谷さとみ

 アラドウジ/川原正嗣

  ヤスマサ(エイアン国将軍、四天王の一人)/横山一敏

<エイアン国・暗黒街ラジョウの民>

  フエ/山本カナコ

 ハ/前田悟

<オーエ国・シュテンの部下>

  バラキ/村木仁

  トラド/逆木圭一郎

  ホシド/吉田メタル

 カネド/保坂エマ