読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

博多座十一月花形歌舞伎『石川五右衛門』感想

テレビドラマとのメディアミックス歌舞伎。


感想を一言で言うと、ストーリーがうすい…
ドラマを見ていることが前提のようなので、もしかしたら自分が1話しか見ていないせいで楽しめなかったのでしょうか。それとも前回の五右衛門から話がつながっている?

ただ、衣装や造り物は派手ですし、博多座の舞台をフル活用した場面転換も見ていて楽しいです。
宙乗り、ぶっ返り、石川五右衛門つながりであろう舞踊の三升曲輪傘売(コンパクト版?)、舞台丸ごと早替わりなどなど、観客の目を楽しませる工夫が目白押しです。

手下3人のコミカルな演技も笑いをさそいます。

ところで「石川五右衛門と言えばつづら抜け~」という台詞がありますがつづら抜けはなかったですね。

 博多にわか柄の羽織や一蘭ラーメン、いわいめでた、博多織の帯など、ご当地ネタも満載。
わたしが観劇した日は歌舞伎をあまり見たことがないお客さんが多かったようで、各所で歓声が上がっていました。
ノリとしては歌舞伎初心者への掴みを重視したスーパー歌舞伎ワンピースに近いように感じます。

イヤホンガイドは借りた方がいいです。
開幕前の説明を聞いて、立川文庫霧隠才蔵石川五右衛門が伊賀で兄弟弟子として忍法の修行をした設定の話があることなどを知りました。
あとは説明セリフが少なめで、イヤホンガイドの解説で何が起こっているのか理解することが何度かありました。
巻物が奪われたり奪い返したりのくだり、巻物が小さくて地味な色なので全然見えなくて、わざとらしくても「あぁっ!巻物が!!」みたいに言ってくれないと。
 舞台転換の間に完全に沈黙になることが何度かあったので、できればその間に幕に投影したりとかで補足説明してくれたらもっとストーリーにのめりこめたかもしれないですね。

五右衛門は秀吉の子設定がは特に活かされるわけでもなく、突然始まる龍退治、特別な力が発揮されなかった宝剣、掘り下げがなかったため急に改心したように見える悪役、なぜかねぶた(にぎやかでいいとは思いますが)。
話のスケールが大きいわりに上演時間が短いのが原因だと思いますが、キーアイテムや悪役にもっと魅力があったほうがわくわくできるのにと思いました。

ねぶたについては下記サイトに載っていました。
でもこれねぶたのインパクトを味わうためには知らないほうが良いのでは…
http://www.hakataza.co.jp/news/detail.php?id=446
「昨年、青森ねぶた祭で、私の三升景清をモデルとするねぶたが登場しまして、そのねぶたを舞台に出せないものかと考えたところ『石川五右衛門』だ!ということになりました。」


1階S列の端だからかもしれませんが、声が全然聞こえず…。
海老蔵がかなり声が出ておらず、掠れ気味で…。張りのある声の印象が強かったので、調子が良くなかったのでしょうか。