映画「シン・ゴジラ」感想

ゴジラシリーズをまともに見たことがない・特撮興味なし・文系が今更シン・ゴジラを見てきました。

映画館で時々シン・ゴジラの予告を目にしていたのですが、
ぎこちない動きで動くゴジラだけが印象に残っていたため、特撮博物館みたいなジオラマにキグルミの古き良き特撮に立ち返る企画なのかと思っていました。
正直、自分向けではないだろうと思い見るつもりはなかったのですが、野村萬斎ゴジラに惹かれて映画館に行ってしまいました。

圧倒的なスピード感でとても面白かったです。
見慣れた風景が破壊され、名もなき一般市民が逃げ惑うシーンは観客に没入感を与えますし、あくまでも現存する武器だけで立ち向かうというのもリアルです。
だからこそ、非現実的な存在であるゴジラが際立って見えます。
ここまでリアリティを追求されると、「日本人がゴジラを知らない」という設定にすごい違和感を感じてしまうのですが、これはお約束なので仕方ないですよね。

もともとゴジラは社会問題になっていたビキニ環礁の核実験に着想を得て製作したもので、日本で制作されたゴジラシリーズはどこかで人間の発展の功罪を問うシーンがあったように思っていたのですが、
シン・ゴジラにおけるゴジラは完全に殺処分されるべき害獣扱いです。

アメノハバキリ第一建機小隊を「アラハバキだと勘違いしていたんですが、
ヤシオリにアメノハバキリということで、完全に「ゴジラ=ヤマタノオロチ」なんですね。
ラストシーンでゴジラのしっぽに浮かび上がっていたヒトガタは、無性繁殖可能なゴジラが次に目覚めるときは人間に近い形に進化した子孫を生み出すということだと思っていたのですが、
ゴジラ=ヤマタノオロチ」なら、あのヒトガタはアメノムラクモということでしょうか。
ヤマタノオロチを退治してその尾からアメノムラクモを手に入れることが「出雲の製鉄技術を持つ民を制圧し新たな武器を手に入れた」の暗喩であるという説から考えると、
あのヒトガタは新兵器ということになるのでは…と考えたのですが、それってつまり巨神兵で『巨神兵東京に現わる』になってしまいますね。
 庵野お得意の意味深なシーンで視聴者に深読みさせるパターンだとは分かっているのですが、やはり気になります。

登場人物におバカキャラがいないのが非常にストレスフリーでした。

「えぇ~?どういうことですかぁ~?」と言って解説台詞を挟ませてテンポを悪くさせるキャラクターがあまり好きではないので。
また、恋愛要素・家族ネタのお涙ちょうだいがないので、サクサク進んでよかったです。


全編を通して日本人特有の習慣や考え方が根底に流れており、海外でウケることは度外視しているのかなぁと思いました。
延々続く会議、現場→上長→上長→トップに支持を仰ぐ体制、核への忌避感、 目的語なしの指示に対して「それ、誰に言ったんですか?」という自分が責任を負いたくない姿勢は笑うところですよね。
被害現場の描写や避難する人々の様子は震災を意識しているのだろうと思います。

ゴジラ鎮圧で手放しに喜べない、ハッピーエンドではないことも、復興に向けてまだ歩き続けなければいけないことがあると思います・
ただ、ビルドアンドスクラップ~と言われても、あまりにも大きな震災を経験した身にはあまり響かなかったですね…。